スムースニットとは?由来や特徴とは?

ニットの中でも、スムースニットと言えば肌触りの良さで定評があります。

今回はそんな「スムースニット」に注目して、特徴や生地の詳細について紹介したいと思います。

目次

スムースニットとは?

スムースニット

「スムースニット」とは、スムースと呼ばれる組織で編まれたニットです。ニットには、経編と緯編に大きく分けることができますが、スムースニットはニットの中でも緯編みに該当して、表も裏も両面に編むダブル組織に位置しています。緯編みの代表的な組織として、「天竺編み(平編み)」がありますが、天竺の編み目は、全て同じ方向に引き出して編まれます。表は同じ編み目が整列、裏は出っ張りがある編み目で、表裏異なった編み目をしています。「スムース組織」の場合は、表目も裏目も同じ見え方をしているのが特徴です。

スムースニットの由来

スムースニットと呼ばれるようになったのは、凹凸が少なく滑らかな表面でスムースタッチであることから来ていると言われています。

スムースニットは、編機の針が二列のダブル・ニードルで編まれていることから「ダブルジャージー」とも呼ばれています。ジャージーは、緯編みの組織のニットで、ジャージー牛乳でお馴染みのジャージ島が、ジャージ組織の発祥の地であったことから由来しています。ちなみに片面編みである天竺編みは、編機の針が一列のシングル・ニードルで編まれているので、「シングルジャージー」とも呼ばれます。

スムースニットは、他にも「インターロックジャージー」や「インターロックニット」、「ダブルニット」などとも呼ばれています。

スムースニットの素材とは?

スムースニットにはさまざまな素材を使って生産されています。代表例としては下記のような素材が挙げられます。

ポリエステル

ポリエステルは、衣料品に一番多く使用されている素材です。安価で大量生産がしやすいので、値段を抑えたニットに仕上がります。染色性も高く、熱可塑性も持ち合わせているので、型崩れが特にしにくくなります。現在スムースニットの生産の割合では、ポリエステルの使用率が一番高いでしょう。

コットン

天然繊維であるコットンは、優しい肌触りとナチュラルで柔らかな見た目に仕上がります。短繊維のため、生地に膨らみが生まれるのでふっくらとした生地に仕上がります。吸放湿性も持ち合わせているので、汗を素早く吸収して、発散してくれるので、べたつきにくいので着ていても不快に感じることはありません。滑らかな表面のスムースニットの組織と掛け合わせて、着心地のいい生地に仕上がります。

再生繊維

レーヨンやテンセルなどの再生繊維も、スムースニットによく使用されている素材です。天然繊維の要素と化学繊維の強度も持ち合わせているので、ナチュラルでありながら強度もキープできるニットに仕上がります。

スムースニットの特徴

滑らかな肌触り

表目も裏目も同じ見た目をしていて、整列された組織をしています。凹凸が少なく、粗い目のニットに比べて、滑らかな表面をしています。スムースニットと呼ばれる所以とあって、スムースニットの最大の特徴です。表目も裏目を触っても、引っかかりなく滑るような手触りは魅力の一つです。

ほどよい厚みがある

スムースニットは、両面編みであることから、片面編みの天竺編みに比べて、ほどよい厚みとハリのある生地です。天竺編みに比べて重たくはなりますが、ヘタらないハリ感と弾力性のある生地は、スムース(ダブルジャージー)だからこそ生み出せる風合いです。

適度に厚みがある方が、縫製もしやすいです。ステイホームの影響で、裁縫を始めた方も多いと聞きますが、スムースニットは初心者にも服を仕立てやすいので、おすすめです。

ドレープ性に優れて、シルエットがきれいに出る

厚みとハリがあるので、着用時のシルエットが美しく仕上がります。生地を垂らすとゆったりと自然にひだが入るような落ち感とドレープ性があります。

型崩れしにくい

スムースニットは、編み目間が詰まっているので、型崩れしにくい組織です。ニットは織物に比べると型崩れしやすく、伸びっぱなしになったりしやすい傾向にあります。スムースニットの場合は、織物のように編み目がしっかり詰まっているので、ストレッチ性はその分やや劣りますが、型崩れがしにくいことが利点です。

斜行しにくい

斜行とは、編地のゆがみを指します。ニットで使用される糸の多くが、Z撚り(右撚り)やS撚り(左撚り)の撚糸が使用されています。また、さらにそのZ撚りとS撚りの双糸を使用されることが多いのですが、撚り回数のバランスが悪いと、生地の編地にゆがみが発生しやすくなります。しかし、スムースニットは、ニットの中でも斜行しにくいことで知られています。

透けにくい

両面編みの組織であるスムースニットは、透けにくいことも特徴です。透けにくいことから、パンツ用途やアウタージャケットなどにも使用されます。高くなってしまいます。

生地の端がカーリングしにくい

スムースニットは、生地の端が丸まりにくい特徴があります。ニット生地の端がカーリングしているのを見たことはないでしょうか?カーリングがしにくいことで、縫製時にもカットしやすく、縫いやすい利点があります。

プリント加工しやすい

スムースニットは、凹凸が少ない表面をしているので、プリントしてもきれいに柄を載せることができます。細かい柄でも潰れることなく柄を載せれるので、小柄から大柄まで自由にプリントすることができます。

強度と耐久性が高い

2層構造で作られるダブルニットに該当するスムースニットは、強度も強いことで知られています。編み目がしっかり詰まっていて強度が高いことから、スポーツ向けの生地にも使用されています。

シワになりにくい

シワになりにくいのは、ニット全般に関して言えますが、スムースニットもシワが付きにくい生地です。着用中や生地を折りたたんでも、シワはつきにくいのは大きな魅力です。アイロンがけが不要になるので、家事の負担も減らすことができます。

まとめ

POINT

スムースニット

  • 緯編みで、表も裏も両面に編むダブル組織のニット
  • 表目も裏目も同じ見え方

スムースニットの由来

  • 凹凸が少なく滑らかな表面でスムースタッチであることが由来

スムースニットの素材

  • ポリエステル
  • コットン
  • 再生繊維

スムースニットの特徴

  • 滑らかな肌触り
  • ほどよい厚みがある
  • ドレープ性に優れて、シルエットがきれいに出る
  • 型崩れしにくい
  • 斜行しにくい
  • 透けにくい
  • 生地の端がカーリングしにくい
  • プリント加工しやすい
  • 強度と耐久性が高い
  • シワになりにくい

滑らかで触り心地もよく、耐久性やシルエットの美しさも持ち合わせている最強ニットといっても過言ではないですね。多くのいいところがあるスムースニットに、素材それぞれの機能面を組み合わせることで、理想の生地に近づけるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次